KAMAMESHIでは経験豊富な設備保全エンジニアを派遣し、設備保全に関する施策についてご提案いたします。

(1)既設品調査

お客様の設備を弊社が派遣するエンジニアにより調査させていただき,電気品等の部品について調査結果をリストに取りまとめて提出いたします。

製造終了品などの生産停止リスクの高い部品について列挙することで、今後の設備保全に活用いただけます。

(2)保全士の育成教育

国家技能検定の一つである「機械保全技能検定」に合格すると、「機械保全技能士」と名乗ることができます。資格取得に向けたカリキュラムの作成やセミナーを実施します。

(3)点検維持コンサル

お客様設備の日常点検,定期修繕における施策についてコンサルティングを行います。

(4)設備設計支援コンサル

設備更新などに際して設計支援コンサルティングを行います。

設備保全コンサルティングに関するお問い合わせはこちらから